フリーのプログラマの役割はどんな所か

IT業界は一概にエンジニアと言っても様々な業種が存在しています。プログラマとシステムエンジニアについて詳細をきちんと理解をしていなければ、違いが分からない方も多いかもしれません。

システムエンジニアはシステムを考えておく必要があります。例えば便利だったり、人の生活を豊かにする、あるいは楽しませるためのアイディアの提案をします。そしてそのシステムについての仕様書等を考えださなければなりません。ただシステムエンジニアはプログラムを組むのでは無く、実際にプログラミングをするのはプログラマとなります。システムエンジニアが提案したシステムを具体的に作って行く作業となります。

つまりシステムを作るのはシステムエンジニアとプログラマが居なければなりません。どちらか一方が欠ければシステムを作る事は出来ませんので、どちらも重要な役割を持っていると言えるでしょう。作業としては延々と同じ事を繰り返さなければならない事もありますし、何故、仕様書通りに動かないのかをずっと何ヶ月もテストをする必要もあります。システムを正常に動かす為にはバグ等を取らなければならないのですが、その作業もしなければなりません。フリーで活躍をされている方も居ますが、基本的にスキルが相当高くなければ難しいと言えるでしょう。

例えば安くシステムを構築したいけれど予算が足りない事もあります。ただフリーならば請け負ってくれると企業が依頼をする事も多いです。このような企業をクライアントとして確保しておくこともフリーとして独立するのなら重要になってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です