フリープログラマの適性について

フリープログラマに求められる特性としては、自分で課題を見つけ出し解決を図るための観察力が挙げられます。企業に属してプログラミングを行う場合、多くは仕様書に沿った動作を行うプログラムを組むことに終始することになります。ほとんどは自分から企画したり提案するような機会も無く同じ作業の繰り返しとなるわけです。

そのような中でも自分なりに、その作業の中でも課題を見つけ出して作業を効率良くさせるなどの工夫を行えるような人が、独立してフリーのプログラマとなるケースが多く見られます。決してやり甲斐だけを求めて組織から抜け出すわけでは無いわけです。そして提案される案件の中から取り組んでみたいものを選び、契約を結んでプログラミングを行うことになります。

そこで、期待される以上の成果を出すことができる人がフリーとして長く活動することができるのだと言えます。
そのために必要とする特性が、組織に属している中でも自分なりの取り組みややり甲斐を探し出し、課題を見つけて解決することができる人となります。つまり、組織に属することなく独立して仕事を続けることができる人というものは、サラリーマンとして毎日同じ作業を行う中でも自分なりのやり甲斐を自分で見つけ出すことができるのだと言えるでしょう。

そのような人が、独立できる特性を持つということになります。どのような環境の中であっても、真摯に作業に取り組むことができる能力を持つことが条件となるのです。今後独立を考えている方は、フリーで活躍するために必要なノウハウを学んでおくことが必要となります。まずは、「フリープログラマ推進部」で独立への一歩を進めてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です